• ホーム
  • 防災・防犯
  • 暮らし
  • 健康・福祉・子育て
  • 教育・文化スポーツ
  • まち・環境
  • 産業・働く
  • 市政情報

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育 > 教育支援 > 返還免除型の奨学金制度が始まります

ここから本文です。

更新日:2017年11月1日

返還免除型の奨学金制度が始まります

返還免除型の奨学金制度について

飯塚市の奨学金が「返還が免除」できる制度へと変わります。

卒業後に飯塚市内に居住していれば、その期間分の返還額を免除するもので、経済的な理由により進学を断念するような状況にならないため、また、卒業後の返済への不安や経済的な負担を解消するため、これまで以上に利用しやすい制度になります。

詳しくは以下をご参照ください。

目的

優良な資質を有しながら、経済的理由により修学することが困難な者に対し、修学上必要な学資金を貸し付け、ひとしく教育を受ける機会を提供することで、有用な人材を育成することを目的としています。

募集時期

  1. 予約募集:平成29年12月1日(金曜日)~平成30年1月15日(月曜日)
  2. 在学募集:予約募集において定員を満たさなかった場合の追加募集となります。

貸付要件

奨学金の貸し付けには、下記の要件をすべて満たしている場合に限ります。

  1. 保護者が飯塚市内に1年以上継続して居住していること。
  2. 私立高等学校、高等専門学校、専修学校、短期大学または大学に在学(入学予定)していること。
  3. 世帯の収入が、生活保護基準の規定による基準額の2倍以下であること。
  4. 他の奨学金の貸付や給付を受けていないこと。(申請のみであれば可能です。)

※(1)高等学校等就学支援金、(2)福岡県私立高等学校等奨学給付金との併給は可能です。

貸付内容

奨学資金の貸付は無利子です。貸付期間は、卒業までの正規の修業年限です。

区分

貸付月額

貸付期間

募集人員(年度)

高等学校

私立

15,000円

在学期間
(留年不可)

10人

高等専門学校

-

15,000円

専修学校

-

30,000円

18人

短期大学

公立

30,000円

私立

45,000円

大学

公立

30,000円

私立

45,000円

申請書類

  1. 奨学資金貸付申請書(PDF:28KB)
  2. 世帯全員の住民票の写し
  3. 世帯の所得証明書
  4. 在学証明書(予約募集の場合は4月に提出)
  5. その他、市が提出を求める書類(必要者のみ)

貸付の決定

貸付については、申請者数が定員を超過した場合には、小論文試験を実施し、飯塚市奨学資金貸付審議会での審査で決定します。審査結果は、申請者に書面で通知します。【予約募集の場合は、この時点では仮決定(内定)であり、4月に在学証明書が提出された後に本決定となります。】

なお、通知後は速やかに下記の書類を提出していただくことになります。

提出書類

  1. 奨学資金借用証書(奨学生及び連帯保証人2人の自筆署名、並びに登録印の押印が必要)
  2. 連帯保証人2名の印鑑登録証明書及び本籍地の市区町村が発行する身分証明書
  3. 口座振込依頼書(貸付金の振込に関する書類)
  4. 貸付を辞退する場合は、辞退届
  5. その他、市が提出を求める書類

連帯保証人について

奨学資金の貸付を受け付ける際には、連帯保証人を2人立てていただく必要があり、その連帯保証人は、独立して生計を営み、連帯して債務を負担する能力がある成年者とします。なお、奨学生が未成年の場合は、連帯保証人2人のうち1名は保護者(親権を行う者及び未成年後見人)となります。

貸付金の振込

貸付金は、依頼書で指定した奨学生本人の口座に、貸付月額の6箇月分を年2回に分けて振込みます。

貸付の休止または停止

  1. 貸付期間中に保護者が市外に転出した場合、貸付を停止する。
  2. 奨学生が休学した場合、その休学期間に応じて貸付を休止する。
  3. 奨学生が退学した場合、貸付を停止する。
  4. 他の学資の給付又は貸付を受ける場合、貸付を停止する。

※(1)高等学校等就学支援金、(2)福岡県私立高等学校等奨学給付金は除く)

貸付金の返還

貸付金は、原則として貸付の対象となる学校を卒業した1年後から月額均等償還により下記の返還期間内に返還していただくことになります。(ただし、卒業後に飯塚市に居住すれば免除になる場合があります。)

区分

返還期間

標準的な返還月額

高等学校

私立

7年6箇月

6,000円

高等専門学校

-

10年

7,500円

専修学校

 

2年制


3年制

5年

12,000円


18,000円

短期大学

公立

5年

12,000円

私立

7年6箇月

12,000円

大学

公立

10年

12,000円

私立

15年

12,000円

ただし、返還期間は、正規の修業期間に対する貸付を受けなかった期間の割合に応じて減算されます。

例)私立大学(正規の修業期間4年)で2学年から3年間貸付を受けた場合
15年(通常の返還期間)×3年/4年=11年3箇月

市内居住による返還の免除について

奨学金の返還は、在学する学校を卒業して1年後から開始されます。その際、卒業から返還開始までの1年間に飯塚市内に居住していた場合には、年間の返還金額からその居住した月数分の金額を免除するものです。

その後も、1年間に居住した月数分だけ、翌年度に発生する1年間の返還額から免除することを返還期間中に繰り返していきます。【居住した月とは、1月のうち半月以上住所がある場合をいいます。】

なお、返還の免除を受けるには毎年度申請が必要になります。

市内居住による返還免除の要件

市内居住による返還の免除には、下記の要件をすべて満たしている場合に限ります。

  1. 卒業後、飯塚市に居住していること
  2. 奨学生が市税等を滞納していないこと(奨学生が扶養されている場合には、その扶養者)
  3. 返還する必要のある飯塚市の奨学金があれば、それを滞納していないこと

延滞利息

正当な理由なく返還期日までに返還しなかったときは、返還期日の翌日から返還の日までの日数に応じて、年10パーセントの延滞利息が発生します。

返還の猶予

災害や疾病、進学などの特別な事情により返還が困難になった場合には、一時的に返還期間や返還月額を猶予(変更)することができます。

(返還していただく貸付金の額が減ったり無くなったりすることではありません。)

奨学金の手引

手続きの方法やその他詳しい内容は奨学金の手引をご覧ください。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育委員会教育部学校教育課学事係

〒820-8501 福岡県飯塚市新立岩5番5号 

電話番号:0948-22-5500(内線1623~1626)

ファックス番号:0948-29-5440

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?